イエス キリスト

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

おもしろいと評判だったので買いました。
おもしろかったです。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


とこで
本好き!
というのにもいろいろ種類があって、

本を読むのが好きなのと、
希少本を集めるのがすきなのと

分かれるそうです。

もちろん、両方の人もいると思いますが、

真の本好きは、
本を読むのが好きなほうでしょう。

本を集めるのは、コレクションの類ですから、
真の本好きからすれば、
無駄な努力をしていることになります。

私の場合、
本を読むのは好きですが、
珍しい本を集めようなんていう気持ちはぜんぜんありません。

読むべき本は多いのですから、
本を集めるなんて無駄だな労力だと思います。

そんな暇があったら本を読むべきです。



[ 2013/02/22 22:21 ] 未分類 | TB(1) | CM(1)
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
[ 2014/07/02 23:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)」三上延
鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...
[2014/07/02 22:28] 粋な提案