イエス キリスト

親は子の反撃があることを忘れるな!

永劫回帰のような・・・

親は子の反撃があることを忘れるな!

子どもが自分より幸せになるのが我慢できない人がいるそうです。
だから、
子どもが不幸になるようになるように誘導していきます。

これは、本人は無意識のうちに行うので、
本人も子どもも気がつきません。

意識的にしている場合は、鬼親です。

あるいは、
自分の劣等感から
子どもを思うままに操作して服従させて奴隷のようにして
優越感を持とうとしている親もいます。

そういう親は自分の劣等感に気づいていません。

が、
そういうことを分かっている人が見ると
劣等感が
はっきり透けて見えます。

こういう親は、
子どもを思い通りに振り回していい気になっていますが、
子どももなんか変な感じを持っているのです。

が、
まさか親がそんなことをしているとは思わないので、
いらいらしながらもしたがっているわけです。

で、
途中で調子がおかしくなって
最悪の場合引きこもりになってしまいます。

結婚も失敗します。
いや
そもそも結婚できません。

で、
さらに年をとってから
親の悪意を感じ取ってから、
反撃が始まります。

親の仕打ちをひとつひとつ思い出し、
今までの恨みが爆発します。

で、
最悪の場合
親殺しです。

その手前が
家庭内暴力です。

親は、子どもの反撃があることを知らねばなりません。

が、
こういう親は物事の本質を見抜く力が無いので
子どもの反撃があることを予想できません。

こういう親に育てられた子は、
人生を台無しにします。

で、運悪ければ
親殺しの汚名を着てしまうのです。

ですから、
なんとなく親と一緒にいて
変な感じがするとか、
いらいらするとかいう場合は、

さっさと家を出るのがいいのです。

家出を悪いことのように言う人が多いですが、
家出は、
実は、こういう子どもが取れる最善の方法なのです。

が、準備なしに家出をするもんですから、
後がよろしくない。
あっという間に
悪いやつらの餌食になってしまいます。

最善の方法は、
学校を出て
独り立ちできる力がつくまで我慢して、
それから、
さっと家をでることです。


[ 2012/09/10 23:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL