イエス キリスト

源氏物語

永劫回帰のような・・・

源氏物語

夕方のラジオで、
「土佐日記」あたりの話をしていました。

「土佐日記」は日記文学への道を開いたものだということで、
たいへん褒めていました。

が、私は、紀貫之が、女性に仮託して書いているところが気に入らず、
あまり好きではありません。

それよりは、「更級日記」のほうが好きです。
これも晩年になってから書いたのですから、日記というものではないですけど。

で、
「紫日記」が出てきたのですが、
これは読んだことがないし、
また、あの大作「源氏物語」も読んだことがありません。

面白いんでしょうけど、
源氏が女好きの男とかロリコンとかいうイメージがあって、読む気になれません。

かわりに、「宇津保物語」は二度読みました。
たいへん壮大な話であり、「源氏物語」よりも先に書かれたという驚くべき物語です。

長い本を読むのは得意で、

「戦争と平和」を初め、
長いことで有名な外国の小説はたいてい読みました。

それも2度以上読んでます。

が、

源氏物語は、先に書いた理由で読む気になれません。
一生読まないかもしれません。

先入観があるので、ダメです。

が、
もう一度だけ挑戦してみようかと思います。

いや、まだ挑戦したことがないので、

最初のトライになります。

読んだら面白いかもしれません。

源氏物語はずっと前から家にありますし。


で、最後に、

「宇津保物語」は、内容が本当に驚異的ですね。

作者不明とか。信じられない話です。

[ 2011/09/17 20:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
No title
はじめまして。

私は、全部4コマ漫画仕立てになっている源氏物語をサラっと読みました。人情の機微などはまったく無視してるので、あらすじをザッと知りたい人にはいいかも。あっさりしすぎて笑えます。
[ 2011/09/18 09:42 ] [ 編集 ]
Re: No title
ご訪問ありがとうございます。

なんと「源氏物語」の4コマ漫画あるんですか?

さすが日本!って言っていいのかどうか。

おっしゃる通り、笑えそうですね。

ところで、4コマ漫画好きでしたが、

最近は、笑えるのが少なくなったような気がしますがどうでしょう。
[ 2011/09/18 12:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL