イエス キリスト

百味飲食(ひゃくみのおんじき)

永劫回帰のような・・・

百味飲食(ひゃくみのおんじき)

「百味の飲食、自然に盈満す」(大経)


昔、SF映画の中で、食べたいと思ったものが、すぐに出てくるシーンがありましたが、あれと似てますね。

料理なんかする必要がない。思うだけで食べ物が得られる。

科学と技術の進歩によってできた夢のような世界です。



ただ、

自分が思った食べ物が出るということは、

たくさん食べ物を知っていないといけないということ。

思いつくのが牛丼だけだったら、

ずっと牛丼ばかり食べなくてはなりません。

私の場合、フランス料理なんて思い浮かばないし。

だから、一応メニューというものも存在するはずです。


が、大経にいわれているのは、

こちらが考える前から、「百味の飲食」が出てくるということです。

「自然に」ですから。

つまり、わたしたちの能力に関係がない。


仏なり、あるいは、仏の眷属なりが、食べ物をどんどん作って出してくれるわけです。


そのからくりは、何でしょうね。

SFのように科学の進歩というわけではないでしょうから、

心霊的な作用によるものだろうと思いますが。




[ 2011/09/16 05:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL