イエス キリスト

お題目唱えないで法華経を読め!

永劫回帰のような・・・

お題目唱えないで法華経を読め!

「『南無妙法蓮華経』と唱えるだけでいい!」とは、
法華経のどこにも書いてありません。

日蓮さんが勝手に思いついたことです。

「南無阿弥陀仏」に対抗して唱えた
「南無妙法蓮華経」でしたが、
最初は、寝言のように唱え始めたのが、
いつの間にか、一番大切なことになってしまっていました。

ただ、
その理由付けがちょっと苦しい。
法華経の何処にもそんなこと書いてないのですから。

「南無阿弥陀仏」については、お経の中に出てくるので
苦しい理由付けは必要ありませんでした。

で、
昔の人は
字が読めない人が大半でしたから、
「法華経」を読め!といっても無理なので、
お題目という発明が、非常に役立ったわけですが、
今は、
字の読めない人って、まずいないので、
ちゃんと
法華経を読めばいいのです。

お題目に頼る必要はぜんぜん無くなったのです。

だから、

法華経 = 日蓮宗

という思い込みを捨てて
法華経を読むようにしましょう。



[ 2012/08/25 09:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL