イエス キリスト

カトリックの国は貧乏だ!

永劫回帰のような・・・

カトリックの国は貧乏だ!

カトリックの多い国は、貧乏国です。

プロテスタントの多い国はお金持ちです。

これは、すぐに分かります。

理由は?

わたしは、

カトリックは、ローマのころから
民衆を愚民にして支配することに徹してきたからだと思います。

カトリックの教えの中に
民衆を思考停止にして、
何にでも従うようにさせる毒がちりばめられているのだと思います。

これは、
巧妙に隠されているから、
どこがどうとは分かりません。

で、
カトリックの人々は
教会が与えてくれる救いで満足して
社会を変えていこうという意欲をもたないのです。

羊飼いのあとを黙々とついていく羊なのです。

その点、
プロテスタントは、独立心旺盛で
現状を変えようという意欲に満ちており
宗教的にも、
自分の信仰を持ち、
どんどんあたらしい教派を作り出していきます。

だから、
カトリックの多い国は、どんどん貧乏になっていき、
プロテスタントの多い国は、どんどんお金持ちになっていきます。

日本はどうか。

日本はプロテスタント的な精神を持っていたので
お金持ちになれたのです。

江戸時代、
宗教が葬式仏教となってしまいましたが、
それでも
民衆主体の宗教運動が活発でした。

これがプロテスタント的であったのだと思います。

これからも、
日本は、
カトリック的な精神に毒されることなく、
いつまでも
プロテスタント的な精神を持ち、
どんどんと
社会改革を進めていくべきです。



[ 2012/08/25 08:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL