イエス キリスト

イエスの弟子の汚い手

永劫回帰のような・・・

イエスの弟子の汚い手

Now when the Pharisees and some of the scribes who had come from Jerusalem gathered around him, they noticed that some of his disciples were eating with defiled hands, that is, without washing them.


食事をする前には手を洗うのは常識です。

日本では、小学校できちんと教えます。

当然ながら、その前に家庭でも教えています。


この、手を洗うということが、聖書の中できちんと決められているというのは、すごいことです。

超昔の人も、清潔な手がいかに大切かわかっていたということです。


で、

イエス様の弟子たちは、不潔なものが多かったわけですね。

汚い手で、手掴みで食べているわけですから。

病気になる可能性が高い!


イエス様が、適当に人集めされたのが悪かったのです。

もう少し教養のあるものを選ばれるべきでした。

(後で間違いに気付かれて、パウロをヘッドハンティングされましたが・・・)

「食事の前には手を洗う」という基本ができてないなんて恥ずかしい。

(当然、トイレの後も手を洗ってないはず)



イエス様は、一応弟子たちのために弁解されましたが、

心の中では、「こいつら・・・」と思われたに違いありません。

[ 2011/09/11 03:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL