イエス キリスト

突っ込みどころのある霊の体

永劫回帰のような・・・

突っ込みどころのある霊の体

「肉の体で死んで、霊の体でよみがえる」とパウロが言ってまして、
ふんふんなるほどと分かったような気になりますが、
いえいえ、
けっこう突っ込みどころのある考えです。

人間の肉体は、
生命の進化の頂点に立っている(今のところ)と
考えることができますが、

霊の体というのは、進化してきたのでしょうか。

進化のはての肉体のありようと、
霊の体のありようが同じということがあるでしょうか。

このあたり全く説明がないので、
分かりません。

パウロは、
霊の体と言ったときに
あまり考えずに言っていたのではないかと思います。

そして、聖書でそれを読むわたしたちも
何も考えず、
なるほど!
と感心してるわけです。

われわれの本質は霊なんですから、
肉体を脱いで
霊そのものになったときに、
あらためて
「霊」のからだをまとうというなのでしょうか。

こういう風に考え出すと
わけがわからなくなります。

以上、駄文でした。


[ 2012/07/17 22:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL