イエス キリスト

旧約聖書とイエスキリスト

永劫回帰のような・・・

旧約聖書とイエスキリスト

旧約聖書なんて信じられません。
ユダヤ人が作った神話でしかありません。

神のとらえ方を参考にすることはあっても
エデンの園やノアの箱舟の話などを、
本当にあったことと思うのは間違いです。

日本の古事記と同じようなものです。

だから、
イブがヘビに騙されて木の実を食べたから
罪が入って来た!
なんていうことをいうのはバカらしいと思うのです。

キリスト教では、
旧約聖書の話を全て真実!なんていっているから
バカらしいと思います。

で、
イエスキリストはどうかといいますと、
これは実在した人であり、
福音書を読む限り、
素晴らしい人だったと思われます。

もちろん、福音書も
カトリックの手によって
かなり改竄されていて、
本来の姿は分からなくなっているのですが、
それでも
残されたイエス像は、
生きていく手本にするに値する素晴らしいものです。

だから、
私は、
イエスのように生きたい!と思うのです。
もちろん、無理無理ですが。

思うだけは勝手ですからね。

私の考えるイエス像は、

非常に自由!
よく食べよく飲み
明るく活動的
そして頭がいい。

天真爛漫な子どもの姿をイメージできます。

イエスはときどき子どもの姿で現れた!
と伝えられています。
つまり、
子どものように見えたということでしょう。

また、
直観力があり、
とくに
いろいろな病気の原因を察することができ
病気を治すことができた。
いくらか、
神秘的なパワーも持っていたと思います。

だから、
神に非常に近い人でありました。

神の子といわれるのにふさわしい人だったでしょう。

こういう人って長生きできないように思います。




[ 2012/05/26 08:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL