イエス キリスト

幽霊を捕まえようとした科学者たち

永劫回帰のような・・・

幽霊を捕まえようとした科学者たち

幽霊を捕まえようとした科学者たち幽霊を捕まえようとした科学者たち
(2007/05)
デボラ ブラム

商品詳細を見る


わたしは、幽霊はいると思ってるし、輪廻転生を信じています。
だから、幽霊を捕まえようとするなんて無駄なことだと思うわけです。

難しいことだし、
幽霊を捕まえても、正体は、そのへんの浮浪者と同じようなもの。

まともな霊は、ちゃんとした手続きをふんで、つぎの生にいっているはずですから。

しかしながら、科学者は、証拠が欲しいのでしょうね。
自分で見た!というだけでは、証拠にはなりません。

ただの見間違いということもありますからね。

「物理学者が必死になって探している粒子の一つにヒッグス粒子というものがあります。質量の起源を担うとされるヒッグス粒子を必死になって探している理由は、ほぼ100年かけてつくりあげてきた素粒子物理学の理解が正しいかどうかの試金石となるからです。」KEKの記事より

ヒッグス粒子というのは、「神の素粒子」といわれるもので、素粒子の質量を作り出しているものなんですが、
これが見つからない。

幽霊と違って、ちゃんと理論的には存在すると予想されているわけです。
でも見つからない。

素粒子の加速器の性能の問題らしいんですが、
加速器の性能が向上してきたので
そろそろ見つかるのではないかと思われています。

で、幽霊は・・・。

科学的予想では、存在しないと思われているものですし、
どのようにしたら見つかるか見当もつかない状態です。

存在の証拠をみつけるのは、ヒッグス粒子の場合より、数倍難しいのではないかと思います。

だから、
われわれが生きている間には
証拠は見つからないでしょう。

一番いいのは、自分が死んでみることです。
死んでみたらすぐに分かります。

そういうことでいえば、
無理して研究しなくても
ほんの数十年すれば誰にでも分かるということです。


だから、霊の研究するより、

来世に備えて、善行を積むなり
お念仏を唱えるほうがはるかに重要です。





[ 2012/03/11 09:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL