イエス キリスト

善人なおもて往生す、いわんや悪人をや

この言葉、面白いので皆さん好んでいるようですが、
「無量寿経」を読むと、
「何を言ってるの?」と思ってしまいます。

これは間違った教説です。
善導によるということですが、善導が間違ったんでしょう。
師が間違えば弟子もこけるということです。

無量寿経にはそういうことは書いてありません。

無量寿佛(阿弥陀仏)は、
「極楽に往生したい」と願うものを呼び寄せるのであって、
そこには、善人、悪人、自力、他力の区別はありません。
往生したいと思って、
経を読もうが、布施を行おうが、念仏しようが、
みんな往生できるわけです。

変に偏った考えをして、
「悪人正機」などといいだしたのは、
ある意味カルト的ではないでしょうか。

お経を読めばわかりますが、
極楽には悪人ばかりが集まってるわけではなく、
あらゆる世界から、善男善女がやってきているわけです。

で、
もう一度言いますと、
「歎異抄」は、
非常に偏った教えであるので、
読んで小気味いいところがありますが、
はっきり間違いだと思うわけです。





[ 2012/01/14 18:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL