イエス キリスト

楞厳呪

永劫回帰のような・・・

楞厳呪

「大仏頂如来密因修証了義諸菩薩万行首楞厳経」に出てくる陀羅尼です。

非常に長い!

日本でも、禅宗でよく唱えられていたらしいのですが、最近は唱えることが少なくなったとか。

原因は、長すぎるから。

最近は、短い大悲心陀羅尼を唱えて済ませているそうです。
お寺さんもやる気なくなったんでしょうか。

聶小倩は、「首楞厳経」を読んでいたということですから、
たぶん、「楞厳呪」を唱えることがあったと思われます。

ところで、この「楞厳呪」、第一会から第五会まで、5つの部分からなっています。
それぞれに祈りの言葉が書かれているのですが、
普通は梵音をそのまま唱えているので、
何をあらわしているのか全然わかりません。

漢文なら少しは分かるんですが・・・。

で、
和訳をしたものを読んでみると、
人間に害を与えるものを事細かにあげて、それを除くことを求めています。

たとえば、
「難」として、
王難、賊難、火難、水難、毒薬難、刀剣難、敵兵難、飢饉難、雷電難、横死難、地震難、隕石難、・・・・
「鬼」として、
食精鬼、食胎鬼、食血鬼、食肉鬼、食髄鬼、食気鬼、食寿鬼、・・・・
「病気」として、
発熱、常熱、極煩熱、風病、黄病、痰病、痢病、一切の熱病、頭痛、半頭痛、胃病、眼病、口内炎、胸痛、ぜんそく、耳痛、歯痛、心臓痛、関節痛、・・・・・
危険な生き物として、
土蜂、虻、蠍、蛇、マングース、獅子、虎、熊、ハイエナ、ヤク、・・・。

こんな風にいろいろ考え付くものをあげているのです。

だから長~~~い陀羅尼になっているわけです。

そして、第五会の一番最後に、
この長い陀羅尼の言いたかった、「陀羅尼」が出てきます。

それは、

オン オノリー ビシャチー ビラホジャラトリー ホドホドニー ホジャラーホニハン クキツリョヨウハン ソモコー

詳しくは、この本でよく分ります。
わたしも購入し読みました。

楞厳呪―現代語訳と解説楞厳呪―現代語訳と解説
(2006/07)
木村 得玄

商品詳細を見る




[ 2012/01/09 18:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL