イエス キリスト

いただきに烏の巣のある白楊

永劫回帰のような・・・

いただきに烏の巣のある白楊

蘭若寺の北側は、墓地になっていて、荒れ果てた土饅頭が累々としていました。

haka2.jpg
(実際には、こんなにたくさん木が生えていなかったはず)

そして、小倩が目印として教えた、いただきに烏の巣のある白楊がありました。

白楊は、箱柳、ヤマナラシです。
つまり、ポプラです。

yamanarasi2.jpg

ポプラは、しかし、セイヨウハコヤナギなので、たんにハコヤナギというと、ちょっと違うわけです。

箱を作るのによく使われるので、ハコヤナギという名前だそうです。割り箸の材料にもよく使われるとか。
また、ほんの微風でも葉がよく音を出すので、ヤマナラシとよばれます。

どんどん育って巨木になりますが、材質が軟いので、寿命はあまり長くないそうです。

柳の仲間ですが、枝がしっかりしていますから、いただきに烏が巣をかけることもできるのです。


ところで、この目印の白楊は、小倩が埋葬されたときには、まだ小さかったのかもしれません。





[ 2012/01/08 08:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL