イエス キリスト

十字架のヨハネの言葉

永劫回帰のような・・・

十字架のヨハネの言葉

十字架のヨハネの言葉をいくつか紹介

・この世では、霊魂は神の本質を楽しむことはできないので、かれが味わいうるすべての甘美さと喜びは、たといそれがどれほど崇高なものであろうと、神ではありえません。

・外的なものから離脱し、内的なものを所有せず、神のものを手放すならば、繁栄にも妨げられず、逆境にもじゃまされない。

・人間のただ一つの思考のほうが全世界よりとうとい。だからこそ、神だけがそれに値されるのである。

・自分の望みに引きずられない者は、まるで、一枚の羽も欠けていない鳥のように軽く、霊に従って飛ぶであろう。

・何かの理解、感じ、想像、考え、意志、自分自身のやり方、あるいは、何かほかのことや、自分自身のことにとらわれて、それらすべてのものから離脱して赤裸になることを知らなければ、神との一致という高い状態に達することを、はなはだしく妨げられる。

・自然的、超自然的なすべてのものを問題にせず、これらのものから離脱しないかぎり、全く魂が変容されて、神の霊をうけとることはできない。

・神的一致は、イメージをなくし、形や概念のすべてを一掃し、記憶を超自然へと高める。

・われわれは、地上的なものから全く離脱していなくてはならないだけではなく、さらには精神的な部分に属することがらも、ことごとく手放し、無視して歩まなければならない。

「十字架の聖ヨハネの生涯と教え『愛への道』」より



[ 2011/11/27 22:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL