イエス キリスト

サンタクロースなんて!

永劫回帰のような・・・

サンタクロースなんて!

クリスマスっていうのは、キリスト教の行事なんだけど、
クリスチャンじゃない人が楽しむのも悪くはないと思ってます。

それはそれでいいのです。

クリスマスで素敵なのは、
家族みんなで仲良く祝うとか、
プレゼントを交換しあうとかいうところです。

クリスマスキャロルなんていう映画でもホロリとしてしまいます。

が、気に入らないのは、
サンタクロース。

で、一番気に入らないのは、
子どもにサンタクロースがいると信じさせようとするバカ親。

このことについては、反対意見の人も多いと思いますが、

何ゆえに、無理して子どもに信じさせる必要があるのかと思っています。


とくに信仰を持っている人は注意。

親が、
神(仏)は存在すると言い、
さらに、サンタクロースは存在すると言った場合、
子どもはどう信じるか、

最終的に親の言ったことは信じられないという結論になるでしょうね。
つまり、サンタクロースが嘘っぱちだったんだから、神の話も嘘だ!

サンタクロースは夢があるという人がいましたが、
こんなのを夢と思うのは、浅はか。

夢は真実の延長線上に求めるべきです。


私は、
自分の子供には、
神はいるけど、サンタクロースはいない。
と、はっきり教えました。

もちろん、プレゼントは買ってやりましたよ。










[ 2011/11/19 18:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL