イエス キリスト

介護疲れで無理心中

永劫回帰のような・・・

介護疲れで無理心中

長寿世界一の日本の実態です。

長生きだけが最も価値のあること
としてきたのが、間違いです。

だから、こうなると思います。

今の多くの人たちは、
長生きのために生きているような気さえします。

長生きのために、
今の大切な時間を浪費しています。

たとえば、
毎日1時間のウォーキング。
これが、
どのくらいの時間の損失になるか、
考えてみたことがあるでしょうか。

ウォーキングが好きならともかく、
健康のためだけにやるのは時間の無駄。

同じ動くなら、
なにか趣味をすることで、
体を動かすほうがいい。

健康のために好きなものを食べないのも
バカらしいと思います。

といって、
ぶくぶく太ってはみっともないですけどね。

とにかく、
自分の好きなこと
すべきことに
全力を尽くすという生き方がいい。



なお、
私の場合、死後の世界を信じており、
輪廻転生を信じているので、
「寝たきりになっても長生きをする」
という生き方に価値を見出しません。

そのほか興味のないこと。
・布団の上で死ぬ。
・家族にみとられて死ぬ。

今は家族に責任がありますが、
それがなくなれば、
いつ死のうが自分の勝手です。

自転車で世界一周を始めて、アフリカあたりで餓死なんていうのも素敵だと思います。
(自分はアウトドア派でないので、そんなことしませんが)

あるいは、
山奥に住みこんで、田や畑を作って
思いっきり自然の中の暮らしを楽しみ、
ある日、家族が訪れたら死んでいた!
なんていうのもいいと思います。


計算
1日1時間のウォーキングで、
1年間、365時間
人間が起きて活動している1日の時間を

24-8(寝てる時間)=16

16時間と考えると
365÷16=22.8
つまり、約22日間もウォーキングに使っているということです。
それも、朝から晩まで歩きっぱなしの22日間です。

これを10年も続けると、
半年以上歩きっぱなしということになります。

この1時間を英語習得に使えば、あっという間に英語ペラペラになります。
(英語は無理? じゃ、韓国語!)

読書に使えば、どのくらいの本が読めるか。





[ 2011/11/13 08:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL