2021/11/30

包丁の先は丸くすべき

包丁による刺殺事件が多すぎる。

日本において、包丁はもっとも簡単に手に入る刃物だし、
刺傷事件のほとんどで包丁が使われてることを考えると、
対策が必要。

これを見てくれ。




いかにも殺人につかえそうじゃないか。

どこにでも売ってるし安いし。


対策としては、
簡単に買えなくする、
あるいは、
安全な形態に変える
のどちらかだ。

簡単に買えなくするのは、
売る方も買う方も面倒だよな。

やはり安全な形態するのがいい。


これだ!



こんなのばかりになったら、
殺人に使おうなんて気は起きないだろう。


若いころ居合をやっていて、
剣道連盟居合道の5段までいった。

だから、刃物大好き人間で、
一振100万円以上もする日本刀は持ってないが、
刃物は結構買った。

子どものころ良く使ってたのは肥後守。
大人になって2万円の肥後守を買ったりしたwww


キャンプをするようになって、
キャンプ用のナイフも購入。

もちろん安いものだけ。

やはりモーラーナイフが最高だね。
安いし使い勝手がいいし。




悪名高いバタフライナイフも購入した。
フィリピンで購入したバタフライナイフは、
恰好はいいが、接合部分の金具が弱すぎてすぐに壊れる。
チンピラが振り回して喧嘩するのにはいいかもしれないが、
それだけのもの。
使い物にならない。

ベンチメードのバタフライナイフは頑丈でいいし、
水洗いも容易で清潔に使えるが、
キャンプなんかでは使い勝手が悪い。

サバイバルナイフはおもちゃ。
買うのも結構面倒だし、
そういう趣味の人は
殺人に使おうなんて思わないだろう。

ということで、
手軽に手に入り
丈夫な包丁が、
殺人なんかに使われやすいのだ。


家庭用の包丁の先をすべて丸くすることを提案するよ。

コメント

非公開コメント