イエス キリスト

寝ているときに幽霊をよく見るのはなぜか。

寝ていると枕元に幽霊が座っていたとか、
胸の上にのしかかってきたとかいう話が多い。

それゆえに、
そういう話をすると
寝ぼけていたんだろうと笑われる。

実際、夢を見ていたのかもしれない。

しかし、
すべて夢だったと解釈するのもどうだろうか。

霊感があり、
いつでも霊を見ることのできる人は別として、

普通の人は、

意識がぼんやりして、
寝入りばなのような
暗示にかかりやすい状態のときに
霊を感じることができるのではないかと思うのだ。

昼間でも、
何かの原因で
意識がぼんやりしてるときには、
霊を見やすくなっているだろう。

宗教家では、
祈りの言葉を何回も唱え
トランス状態になったようなとき
霊的なものを感じることが多い。

ということで、
寝入りばなや
寝込んでいるときに見たもので
普段と違った夢や
ゆうれいではないかと思ったような場合は
実際、
霊的なものと接触している可能性がある。





[ 2017/11/01 22:21 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL