イエス キリスト

「アスペ」がなくなる!

永劫回帰のような・・・

「アスペ」がなくなる!

といっても、アスペルガーという病気がなくなるのではなくて、
分類において、呼称として使わなくなるということです。

アスペルガーって、迷惑な病気です。

先日も、アスペの人に、ひどく怒鳴られました。
たいしたことでもないのに、尋常でない剣幕でした。

アスペなんだからと納得したいところですが、
気分はよくありません。

本当に、アスペの人には近づきたくない!と思ってしまいます。

もちろん、アスペの人がすべて怒鳴り散らすわけではありません。
付き合いやすいアスペの人もいます。

が、こだわりがひどかったりするので、
こちらが我慢することが多いですけど。

ADHDと思われていた子どもも、大半はアスペということです。

ほとんど差がないと思ってましたが、やはりという感じです。

で、アスペって最近増えていませんか?

少し前まで、そんなにいなかったような気がしますが。

もしかしたら、昔からアスペの人はたくさんいたんだけど、
最近になって、みんな症状が重くなってきているのかもしれません。

そのほかに増えていると思うのは、
アレルギー体質。

食物アレルギーとか
花粉症とか、
どんどん増えているようなきがします。

昔からいたことはいましたが、増加していませんか?

近い将来、
全員がアスペ
全員が食物アレルギー
全員が花粉症
全員がぜんそく
という世の中になりそうな気がします。

近眼なんていうのも、どんどん増えていますよね。

もう、視力がまともな人のほうが少ないのではないでしょうか。


話はどんどんそれましたが、
言いたかったことは

アスペの人は、病気なんだからとか
生きていくのが苦しいだろうなとか
同情しながらも、

自分としては、できるだけ付き合いたくないということです。


最後に、
「アスペファミリー」なんて言葉があるようですが、
なるほど!





[ 2013/05/05 09:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL