イエス キリスト

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)

永劫回帰のような・・・

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)

真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)
(2011/06/03)
大沼 紀子

商品詳細を見る


この本の第1章
「材料を混ぜ合わせる」を読んで、
その後、ビブリア4を読んで、
再び、
この本に戻ろうとしたのですが、

読めません。

ちょっと、私向きじゃなかった・・・。

ビブリアの後だから読めないのかもしれません。

ちょっと間をおいてみようと思います。

ところで、
ぜんぜん話は変わりますが、
ビブリアのテレビドラマは、こけたみたいですね。

読書好きに受ける話だから、
読書と縁のないテレビ人間には受けないだろうと思っていましたが、
やはりという感じです。

それに、
主役の栞子さんのロングヘアーが・・・。

分かってないですね。

髪の毛が長くて、胸が大きくなくてはダメなんです。

それが、栞子さんなんですから。

謎解きだけにしてしまったら、
そりゃ、本のなぞより、
殺人事件のほうが面白いに決まってます。

まあ、私の場合、ドラマをぜんぜん見てませんから、
どういう風だったかは、同じくぜんぜん分かりません。



[ 2013/04/01 21:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL