イエス キリスト

大空からの予感

永劫回帰のような・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不思議な話~見間違え~

まだ独身の頃。

夜遅く車で帰ってくると

家の前の道に、犬の死骸があるじゃないですか。


嫌だなと思いながら家に入りましたが、

家の前の犬の死骸を放置しておくわけにもいかないので、


それなりのものをもって、

暗い中行ってみました。


すると、犬の死骸と思ったのは、

ただのゴミでした。


今見るとぜんぜん犬の死骸に見えません。

さっきはたしかに犬の死骸だったんだがなあ。


ってことです。


ようするに、

暗いので、見間違えたってことです。


幽霊も、こんな風な見間違いが多いと思ったわけです。




スポンサーサイト
[ 2017/11/08 23:18 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~急に肩が重くなる~

「急に肩が重くなる」ってネットで検索すると、

いろいろ出てきて面白いです。


私の場合は、

昼間ですが、

椅子に座って、同僚と話をしてたとき、

急に右肩が重くなりました。


初めての経験で、

おおおっ、です。


子どもが肩に乗ったような感じで、

本当に重いんです。


しかし、顔には出さず、

話は普通に続けました。


すると、

しばらくして、

すっと軽くなりました。


これって、なんでしょう。


肩こりとは違います。


たんにずっしりと重くなったんです。



それから、数年後

今度は、もう暗くなったころ、

仕事が終わって、暗い廊下に出ようとしたとき、

右肩がずしりと重くなりました。


まったく前と同じ。


子どもが肩に乗ったような感じです。


霊かもしれないと思って、

祈りの言葉をいろいろ言ってみました。

ナムアミダブツとか

ナムミョウホウレンゲキョウとか

いろいろ。

結構、祈りの言葉って知ってるものです。



で、どれも効果なしwwwww

最後に、キリスト教の祈りの言葉を言ったら、

スッと軽くなりました。


クリスチャンの霊だったか!


それ以来、同じことは起きてません。


霊障ならいいんですが、

もしかして、プチ脳梗塞のせいではないかと、ちょっと不安。




[ 2017/11/08 23:08 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~事務室から伸びる黒いもの~

まだ20代のころ、

廊下を歩いていて、

ずっと向こうに事務室があったわけですが、

事務室の入り口の上の方から

廊下の天井に平行に

黒いものが出ていました。


はば3~40cm、

長さ1m程度。

遠くから見たので、何かぜんぜんわかりません。


事務室の入り口に暖簾のようなものがあって

それが、風に吹かれて出ているのではと思ったりしましたが。


でも、ひらひらしてませんでした。


とにかく

何なのか確かめようと

事務室まで歩いて行ったんですが、

途中で、その黒いものは消えました。


眼をそらしたすきに・・・って感じ。


で、事務室にたどり着いて、

入り口をみましたが、

何もありません。


事務員さんは机について、普通に仕事してるだけ。


事務室に入って入り口をジロジロ見ましたが、それらしきものは何もありません。


尋ねたりすると変に思われそうなので、

何も言いませんでした。


あれって、いったい何だったんでしょうね。




[ 2017/11/08 22:39 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

最近気に入った曲

韓国の曲にはいいのがある。

最近気に入ったのは、これ。



ドラマの主題歌。

ドラマもよかったよ。

もう一つ、気に入った曲があって、これ。






[ 2017/11/02 15:53 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)

探していた曲

懐かしくなって、探していた曲が
自分のブログの中にみつかった。

ブログに書いててよかった。

自分のブログを読んでいろいろ発見がある。

しかし、同じことを繰り返し書いていて
数年前から全然成長していないのには、
愕然とした。

探していた曲は、これ。



この曲には前の歌があって、ドラマ仕立てになっている。



この曲最高ですね。

早速耳コピします。




[ 2017/11/02 15:03 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~車を壊す霊~

これは、わたしと息子の体験談。

数年前だが、
車で配りものをしていて、
ある家の郵便受けにプリントを入れたとき

「忌中紙」が貼ってあるのに気が付いた。

そのときなぜかゾッとした。

この「ゾッとした」感じはなかなか伝えにくい。

不思議なのは、
そのすぐ後に、
車の運転席のドアがロックされなくなったことだ。

ロックされないから、ドアを閉めてもすぐ開いてしまう。

仕方ないから、左手でドアをひっぱりながら
運転して帰った。

ゾッとしたすぐ後に壊れたんだが、ボロ車だからと気にしなかった。

すぐ修理に行かず、いろいろ工夫して乗っていたら、
今度は右側のウインカーがおかしくなった。

それでも我慢して乗ってたら、
(すぐに修理にいけばいいのに、変に我慢強い)

夜、スーパーに買い物に行って
さあ帰ろうというときに
一緒に来ていた息子が、
「後ろに男がいるよ」
と言う。

車の後ろのことだろうと思って見たが
別に男なんかいない。

よく訊くと
車の後ろの座席の「真ん中」に男が座っているとのことだ。

どうして真ん中?

「へえ、やっぱり」
なんて、納得してしまったが、
全然気にしないので、そのまま乗って家に帰った。

わたしは、霊感ないので全然気にしない。

しばらくすると
調子の悪かったドアもいつの間にか直ってしまったし、
ウインカーも調子を戻したので、
霊はどっかに行ったのだろうと思っていた。

が、
数日後、
夜、買い物から帰ったとき、
息子が、
「まだいるよ。今、目が合った」
と言った。

なんだ、まだいたのか。
しつこいやつだ。

車もまた調子が悪くなったので、
しかたなく
修理に出した。

ウィンカーは異常なしだった。

ドアの方はとりあえずロックの部分を取り換えてくれた。


ずいぶん後の話だが、

妻が自分の車を写真で撮って
心霊写真が撮れたと騒いでいた。

どれどれとみたら、
車を前から撮った写真で
運転席のあたりに
何やら赤い光のようなものが写ってた。

バカらしいので相手にしなかった。




[ 2017/11/02 01:58 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~幽霊を見る息子~

私の息子は母親譲りの霊感があるようで、
ときどき幽霊を見る。

一緒に車に乗っていたら
助手席の息子が
「この辺り事故が多い?」
って訊くので、
「まあ、多いだろうね。どうして?」
というと
「今道路にいっぱいいた」
とのこと。

何がいっぱいいたのかというと
さまよう霊だ。

どんなようすか尋ねると
とにかくいっぱいいたと言う。

息子は霊が見えるが、
はっきりとは見えてないらしい。

1年くらい前、
夜、同じように車で走っていたら
「今、道路をわたっていたよ」
という。
「男か女か」
と訊くと
「たぶん、女」
「若かった?」
と、そのへんが気になるので訊いてみたら
わからんとのこと。

若い女かどうかわからんようではつまらない。

ときどき、
「今日、幽霊見たよ」
って帰ってくる。

バイトしていたスーパーでも見たらしい。
事務所にいたという。
これも、男か女か不明。

最近は、霊感がなくなったようで、
幽霊を見たという話はなくなった。




[ 2017/11/02 01:25 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~のしかかる男~

わたしが、アパートで独り暮らししていた時の話。

就職して、5年目ぐらいのときだった。

夕方アパートの部屋で転寝してたら、
いわゆる金縛り状態になった。

そしたら、
男が部屋に入ってきて
私にのしかかってきた。

私の体の中に入ろうとしてるな
っと思ったが、
ただ単にのしかかっていただけかもしれない。

自分としては
獲り付かれてはいけないと
頑張った。

何を頑張ったのか分からないが。

しばらくして、すっと男は消えた。

男が見えたわけじゃない
男と感じただけだ。

若かったので、
女がのしかかってきたのなら
結構うれしかったかもしれない。


これについては、
たんに寝ぼけていただけだろうと思っている。





[ 2017/11/02 00:48 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~どんと当たった足~

忘年会かなんかで同僚と宴会をしてたとき。

座敷で横に長く並べられたテーブルに並んで座っていた。

わたしは、ふすま側に座っていた。

で、私の背中に足がどんと当たった。

女中さんが料理を運んできて当たったんだろうと思ったが、
そのあと何も起こらない。

後ろを振り向いてみたら、誰もいない。

隣に座っている人は離れているので、その人とは関係ない。

わたしにどんと当たってさっと逃げたんだろうか。

もしそうならかなり素早い。

足音のようなものもなかったし。

非常に不思議だった。




[ 2017/11/02 00:38 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~足音~

我が家での話。

一番最初は、私がまだ独身のころ。
母が外で仕事をしていたとき、
部屋の中を歩き回る足音がした。
私が帰ったのかと見にいったが、だれもいなかった。

次は、だいぶんたって、
もう私が結婚して子供ができたころの話。

階段をとんとんと上がる足音がしたので、
だれが2階へ上がったんだろうかと見に行ったがだれもいなかった。

階段をとんとんと下りる足音がしたので、
だれが下りたんだろうかと見に行ったらだれもいなかった。

だれか下りた?と聞いてみたが、
だれも下りてないということだった。

からかわれたのかもしれない。

それから、
たまには足音もするさ
と思って、
足音がしてもあまり気にしないようにした。

で、
今頃はぜんぜんそんなことがない。

先に書いた、2階での「どん」という大きな音は、
足音がしなくなってからの話だ。


我が家は幽霊屋敷か!

一応新築なんだが。

妻が嫁に来た時に、
玄関あたりで、変なものを見たといってひどく怖がって、
夜トイレに行くときは、
いつも私を起こして、
一緒にトイレに行っていた。

「あれはあなたの死んだお父さんよ」
って言う。

わたしのオヤジは
ちゃんと往生したはずだが。


今頃はぜんぜん怖がってない。



[ 2017/11/02 00:24 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~2階の大きな音~

わが家での話。

1階の台所にいたとき、
2階の部屋で、
「ドン」
という大きな音がした。

人がベッドから飛び降りたような音だ。

だれかが2階にいればなんでもないんだが、
そのとき2階にだれもいなかった。

「大きな音がしたねえ」
「なにかねえ」

ということで、
私が見に行ったが
なにも変わったところがない。

あのぐらい大きな音がするには、
結構重いものが落ちる必要があるが、
落ちたようなものは何もない。

押入れも調べてみたが何か落ちたような様子もない。

原因不明。

猫?

猫は飼ってない。

一応不思議な話として記憶に留めたというわけだ。




[ 2017/11/01 23:57 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~震える扉~

これはたぶん霊現象でなく、他の人も経験してると思うけど、
不思議な点があるのでここに書いておく。

我が家の応接室での話。
応接室っていっても
フローリングの小さな部屋だ。

ソファーが置いてある。

そこでストーブを炊いていたとき、

応接室のドアが、
外側からドアノブを回して入ろうとしたけど
ドアが開かないといったふうに
ガタガタと振動しだした。

それがすごく激しく
また長く続いたので
非常に驚いた。

原因として、
応接室の温度が高くなりすぎて、
部屋と外との気圧差が大きくなり
空気が流れようとしたためだと考えた。

不思議なのは、
同じような状況はそれからもあったが、
2度とドアがガタガタ震えることがなかったことだ。

これは他の人も経験されているだろうか。

2度目は、
もうストーブの要らない季節になっていたときのこと。

やはり、突然外から押すような感じで
ドアがガタガタ震えだした。

1度目と全く同じだ。

しかし、今度はストーブを炊いてはいない。

原因として、外から流れ込んだ風がドアを鳴らしたのだろうと考えてみた。

すぐ調べてみたが、風が吹き込むように開いている窓や戸はなかった。
また、外で強い風が吹いているようでもなかった。

もちろん地震ではない。

地震を何度か経験してるが、
応接室のドアが震えたことは1度もない。

非常に激しく、かつ、かなり長い時間震えたことが奇妙だった。
長い時間と言っても数秒だが。

で、これも不思議なことに、
2度と同じことが起こらなかった。

これを経験したのはずいぶんと前の話だが、
それ以後、1度もドアがガタガタ震えたことがない。

自然現象jなら、繰り返すだろうと思うのだが。



[ 2017/11/01 23:44 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

不思議な話~震える窓~

不思議というだけで、霊現象とは決めかねてる。

場所は、公民館などの研修棟の2階を想像してほしい。

長い廊下があって、片側は窓があって、開けば中庭が見える。
片側に研修室が並んでいて、上に空気の入れ替え用の長細い窓がついている。

で、薄暗くなってもうだれもいないとき
廊下を歩いていると、
ちょうど私がいたところの
研修室の上の窓ガラスがものすごい音を立てて震えだした。

しばらく震えていたが、
急に止まった。

また音を立てるかとしばらく待ったが、
もうなかった。

不思議だったのは、
ちょうど私の上の窓だけが震えたということだ。

なんだったんだろうと考えてみたが、
1つは、研修室の外向きの窓が開いていてそこから風が吹き込んだのではないかということ。
もう1つは、廊下と研修室に温度差があり、そのため気圧に差ができて、気圧の高いほうから低い方に空気が流れようとしたのではないかということ。

で、窓が開いたままになっていてはいけないので、
カギを取ってきて調べてみたが、
窓は開いておらず、当然ながら、部屋と廊下の温度差もなかった。

地震というわけでもない。震えていた窓は1つだけだったから。

数日後

同じような時間帯に廊下を歩いていると、
ちょうどあの窓のところに来たとき、
また、窓が大きな音を立てて震えだした。

しばらくしてピタッととまったのは前と同じ。

私が来るのを待って震えたかのように思えた。

で、そのときは、椅子を持ってきて、
震えた窓ガラスを調べてみた。

窓ガラスは内側からカギがかけられており、
不思議なことに、
私が力いっぱい押してもびくともしない状態だった。

ガタガタなら震えるのも分かるが、
力いっぱい押しても少しも動かないのだ。

この窓が大きな音を立てて震えたりするだろうか。

非常に不思議だ。

理由が分からないので霊現象かもしれないと思った。

2回ともちょうど私がその場所に行ったときに音を立てたわけだし。

それからも、その廊下を何度も通ったが、
もう同じことは起こらなかった。



[ 2017/11/01 23:08 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

寝ているときに幽霊をよく見るのはなぜか。

寝ていると枕元に幽霊が座っていたとか、
胸の上にのしかかってきたとかいう話が多い。

それゆえに、
そういう話をすると
寝ぼけていたんだろうと笑われる。

実際、夢を見ていたのかもしれない。

しかし、
すべて夢だったと解釈するのもどうだろうか。

霊感があり、
いつでも霊を見ることのできる人は別として、

普通の人は、

意識がぼんやりして、
寝入りばなのような
暗示にかかりやすい状態のときに
霊を感じることができるのではないかと思うのだ。

昼間でも、
何かの原因で
意識がぼんやりしてるときには、
霊を見やすくなっているだろう。

宗教家では、
祈りの言葉を何回も唱え
トランス状態になったようなとき
霊的なものを感じることが多い。

ということで、
寝入りばなや
寝込んでいるときに見たもので
普段と違った夢や
ゆうれいではないかと思ったような場合は
実際、
霊的なものと接触している可能性がある。





[ 2017/11/01 22:21 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)

なぜ幽霊は服を着ているのか

幽霊が死んだときと同じ服を着ている。

ということに疑問をもったことはないだろうか。

わたしは、不思議に思う。

死んだとき、
体から魂が抜けるといわれている。

体から出た魂は、
しばらく自分の体の周りをふわふわ飛んでいるとか。

ところで、
霊というものが
体から抜け出たとき、
人間の形をしているだろうか。

霊とか魂というものは
たぶん、脳のあたりにいそうだから、
球体をしていると考えるのが一番当たっているような気がする。

白い球体がふわふわ飛んでいくのを見たというはなしもある。

人間の形じゃない。

百歩譲って、
人間の体全体に霊が行き渡っており、
体から抜け出したとき、
霊は
本人の体と同じ形をしているとしよう。

しかし、
衣服は霊ではないのだから、
体から抜け出た霊は
裸のはずだ。

服を着ているわけがない。
と、私は思う。

でも
幽霊を見たという人は、
裸だったとはいわない。

知っている人の幽霊なら、
死んだとき着ていた服とか、
普段身に着けていた服とかを着ているみたいだ。

なぜ、
体から抜けでた霊が、
人に現れるときは、
衣服を身にまとうことができるのか。

心霊写真でも
真っ裸の霊が写ったということはない。

つまり、霊は、
体から抜け出したときは、
霊体そのものであるが、

幽霊として
人に現れるときは
衣服を付けた姿で現れる能力を持っているということである。






[ 2017/11/01 22:09 ] 宗教 | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。