イエス キリスト

大空からの予感

永劫回帰のような・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

韓国ドラマ定番の金持ちのどら息子

韓国ドラマが好きでよく観ます。
といっても、めちゃくちゃ観るわけではなく、
自分の好みなのを選んで観てますが。

で、だんだん嫌いな俳優も出てきたりして、
そういう俳優が出ているのは、ぜんぜん観ないようにしてます。

で、嫌いな俳優というのが、
金持ちの高慢ちきなどら息子を演じた俳優です。
役でやったのだからしかたありませんが、
二度と顔を見たくないので、その俳優が出るドラマは見ないことにしてます。

韓国ドラマってシンデレラストーリーが好きで、
金持ちの性格悪い息子から好かれるという話が多いです。

大統領の息子なんていうのまでありました。

親の地位や金をかさにきて、偉そうにし、貧乏人を小ばかにし、
それが、貧しい女性を好きになって改心するという話。

実際、金持ちだからといって傲慢な人間は少ないでしょうし、
傲慢な人間が改心して、いい人間になるっていうこともないでしょう。

ヨンさまなんて、金持ちのどら息子の役なんてないですよね。
有名なドラマでは、実力で地位を得る役どころです。
だから、好感持てます。

ということで、
金持ちが出てきて偉そうにしているドラマはできるだけ観ないようにし、
自分の力で成功している人間の出るドラマを観るようにしています。





スポンサーサイト
[ 2013/05/18 11:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

人間は悟る必要があるのか。

仏教では、悟らなければいけないというプレッシャーが常にあります。

人間のままで、楽しく生きるのではだめなのですか。

仏教の教えでは、人間のままでは、いつまでたっても不完全。

アノクタラサンミャクサンボダイを悟るまで、不完全。

これは、プレッシャーです。

そこが、仏教の悪いところです。

人間のままであることを肯定しないのです。


わたしは、人間は人間であり、仏陀なんかにならなくてもいいものだと思っています。

人間らしく楽しく明るく生きればいいのです。

少々苦しいことや悲しいことがあるけど、それは仕方ないもの。

それ以上に楽しいことやうれしいことをすればいいのです。


その点、人間であることを肯定しているのが、

キリスト教やイスラム教。

人間は人間であり、天使になったり神になったりしません。

人間は人間として人間らしく、よりよく生きればいいわけです。


明恵上人が、「あるべきようは」ということを言われましたが、

これが一番尊い教えだと思います。

即身成仏しようとか、極楽往生しようとか、そういうことを考えず、

自分としての「あるべきようは」を考え、

できるだけよい生活を送ればいいのです。



[ 2013/05/18 11:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

太平洋戦争は、侵略か?

侵略していたのは、欧米諸国であって、
日本も明治維新が成功していなければ、植民地になっていたはず。

そこをうまく切り抜けたはずであったけど、
おごり高ぶりもあって、
窮地に追い込まれた。

あの当時、のんきに他国を侵略している余裕が日本にあったと思うのは、
歴史の勉強不足。

欧米の締め付けに、打って出たというのが本当だ。

もともと勝てる戦争ではなかったので、
上手に矛を収めるべきであったが、
それを許さなかったのが、欧米。

日本の国内にも
精神力さえあれば、竹やりでB29に対抗できるという
馬鹿がいっぱいいたので、
ずるずる戦争を続けてしまった。

机上の空論で作戦を立て、
失敗しても処罰されず、
どんどん若者を無駄死にさせてしまった。

銃弾も持たず戦地にやられ、
一度も銃を撃つとなく、ジャングルを逃げ惑い、
病死、餓死してしまった若者たち。

何をしにいったのか。
ジャングルで餓死するためにいったのか。

そういうめちゃくちゃな作戦を立て、
反省することもなく続けていた軍部の担当者たち。
責任をとったのか?

腹が立ってきたので、話がそれたけど、

あの戦争は、侵略ではなかった。

侵略だと日本だけを悪者にするものたちに
乗せられてはいけない。

もちろん、日本人が現地の人々にした蛮行は謝罪しなくてはいけない。
中国やフィリピンでどれだけ残酷なことをしたかは、明らかにし、謝罪しなくてはいけない。



[ 2013/05/18 10:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

気難しいやつって頭が悪い!

気難しいやつって、頭の回りが悪いってことに気がつきました。

要するに馬鹿なのです。

馬鹿だから、どうでもいいことに引っかかるのです。

やっぱ血液と同じで、

サラサラしているのがいいですね。


やあ、老害で、気難しい人間ばかり増えてきたら、

日本はおしまいです。




[ 2013/05/15 23:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

隷書に目覚めました!

書道が好きで、

気が向いたら字を書いたりしていますが、

普段は、楷書、行書程度。

が、

この前から、なぜか隷書が好きになって、

隷書を、勉強しようかななんて思ってます。

隷書も

教えてもらったんですが

ちょっとだけで、

もっぱら楷書と行書、加えて草書ばかり練習してましたので、

隷書を書いた経験は非常に少なく。

これから、

隷書入門なんていう本をみながら

練習しようと思います。


かけるようになったら、

隷書で、写経なんかしてみたいと思います。


なんかわくわくします。



[ 2013/05/14 23:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

もし私が寺を建てるなら

寺なんて建てませんが、

もし寺を建てるとすれば、

やはり、山の中とか林の中がいいですね。

葬式はしません。

修行中心です。

だから、寺としての収入はないでしょうね。

するとすれば、

ホームページやフェイスブックなんかで宣伝して

修行希望者を募って、

修行の場を提供するなんかがいいと思います。

自分も修行し、人にも修行してもらう。

そういうお寺がいいですね。

だから、コンサートとか講演会なんてしません。


ですから、寺なんて建てずに

お堂とか庵とかを造って

そこで、読経、写経、座禅をするほうが

理想的です。


家族があってはできない贅沢です。




[ 2013/05/14 23:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

新しくお寺を建てることについて

お寺を新しく建てるということについて。

たとえば、
コンビニがたくさんあるけど、
まだ少なさそうなところに
コンビニつくって成功する!
というのに似ています。

今は、自分たちでつくった寺院ということで
目新しさがありますが、
そのうち、
前からある寺とそう変わりなくなって、
埋没してしまうでしょう。

みんなの寺も次は双子の息子のどちらかがついで
世襲の寺のひとつになってしまうわけです。

息子が寺をつぐころには、
もっと立派な
鉄筋の寺でもできていることでしょう。

寺もコンビニといっしょです。
つぶれるのもあれば、
新しいのもどんどんとできます。

これからは、
老人社会になり、
葬式の数も増えると思われるので、
葬式仏教寺院の需要も増える?

いっそのこと、
寺に葬儀場を併設するのがいいのでは。

寺で幼稚園を経営しているところが多いですが、
子供の数が減るのだから、
幼稚園より、
老人ホームとか
葬儀場のほうがいいかも。

しかしながら、
葬式と結びついた仏教は、
わたしはうんざりしています。

仏教は葬式とは縁を切って、
修行に重きを置くべきです。

いまのところ
座禅会とか写経会はありますけど、
その程度。

断食道場なんていうのもありますね。



[ 2013/05/12 22:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

教会に行ってきました

なんか教会に行きたくなって、
今日
教会に行きました。

教会というのは、カトリックの教会です。

カトリックの教会というのはべたべたしていないので、
(べたべたした教会もあるでしょうが)
たまに行くのに気兼ねがありません。

みんなといっしょに立ったり座ったり跪いたりしていれば
ミサが終わります。
約1時間。

教会に行って、何かを学ぶということはありません。
信者でなければ、時間の無駄です。

が、ミサの雰囲気の中で
いろいろ考えると新しい発見があります。

私の場合は、
毎日曜日にミサに参加するなんてことはしませんが、
数年に1度程度教会を訪れるのは有益だと思ってます。

特に、行きたい!と思ったとき。



[ 2013/05/12 20:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

旧約聖書の魅力

旧約聖書なんて
どこの誰やらわからない人物が書いたものの寄せ集め!
いい加減な神話!
侵略を正当化する神話!
罪のない人たちを皆殺しにする理由付け!
はっきりいって、
くそのような話が多いのですが、
そういうものを取り除けば
黄金色に輝くすばらしい思想が見えてきます。

で、旧約はそれ自身で完結しているので、
新約聖書の必要性を感じなくなる恐れもあります。

クリスチャンにとっては
諸刃の剣のような書物です。

たとえば、
「ヤベツの祈り」なんていうものが
発見されましたが、
(最初からありましたが、発見されたというのにふさわしい)
この祈りを唱えておれば、
イエスキリストの必要性を感じなくなります。

イエスキリストの必要性を感じなくなるというより、
パウロの教義が無意味になってくるのです。

そもそもパウロの教義はパウロが考えたのであり、
イエスキリストの教えとは無関係。

私に言わせれば、グノーシス以上に異端であります。

イエスキリストは旧約聖書の美しい部分を生きた人であり、
パウロのような陰気くさい人間とは、無縁の人でありました。

それにパウロは、三位一体なんて信じてはいませんでした。



[ 2013/05/12 20:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

みんなの寺の作り方―檀家ゼロからでもお寺ができた!

みんなの寺の作り方―檀家ゼロからでもお寺ができた!みんなの寺の作り方―檀家ゼロからでもお寺ができた!
(2011/10)
天野 和公

商品詳細を見る


以前から、この本のことは知っていましたが、
やっと読むことができました。

この本は、奥さんの書いたものですが、
こういう奥さんがいないと
やはり、寺をつくるなんて無理だと思いました。

ホームページつくったり、
漫画で紹介したりと、
かなりのやり手です。

応援したくなるようなお寺です。

で、出版予定の本も予約してしまいました。

が、
残念ながら
私の大嫌いな浄土真宗系の寺です。

浄土宗は好きなのですが、
真宗は虫が好きません。

そもそも親鸞が嫌いなのです。

昔は、歎異抄なんてよく読んだもですが、嫌いになってしまいました。

それに、奥さんのほうは
テーラワーダ仏教に傾いているようで、
寺内分裂の危機が訪れるかもしれません。

他力の浄土真宗と
テーラワーダ仏教では水と油ですからね。

禅宗とテーラワーダ仏教なら親和性がありそうですが。

寺院として成功するためには、
日本になじみの深い
「南無阿弥陀仏」でやるしかありません。

テーラワーダ仏教で寺院を立ち上げても
檀家はつかないでしょうから。

しかし、
一般の人は、
浄土真宗? テーラワーダ仏教???
で、区別がつかないだろうとは思います。

わたしの周囲にも、
「曹洞宗って禅宗かあ?」
なんていう人がたくさんいますからね。

ちなみに、注文したのはこの本。

ミャンマーで尼になりましたミャンマーで尼になりました
(2013/05/17)
天野和公

商品詳細を見る





[ 2013/05/12 19:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「ここに猫捨てないで下さい」

「ここに猫捨てないで下さい」
という張り紙がありました。

なるほど、猫を捨てやすそうなところです。

ゴミを捨てやすいところ
猫を捨てやすいところ
タチションをしやすいところ
というものがありますよね。

我が家の回りも、嘗ては猫や犬が捨てられることが多く、
子猫や子犬がうじゃうじゃいましたが、
家が建ったりして、きれいになると
ぜんぜん捨て犬猫なくなりました。

やはりきれいにすることが大切。

張り紙のあったところは、ちょっと汚く、
そっと猫を置いて変えるのに都合がいい感じがします。

で、
「猫を捨てるのはここがいい」
と、インプットしました。

我が家には捨てるような猫がいませんけど、一応。

そこから、少しはなれたところに
「野良猫に困ってます」
との張り紙。

捨てられた猫が野良になっていついてしまうみたいです。

つまり、
猫を捨てやすいところは、
猫もいつき安いところなわけです。

で、ますます、
猫のためにも
「捨てるならここ」
と思いました。



[ 2013/05/06 21:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

文豪が出会った怪異!

幽霊にであったり、
怪異現象を体験したりする人は多いですが、

やはり文豪の体験談となると、信憑性が高いということでしょうか。

本屋で、そのような本を見つけました。

ちょっと立ち読みしましたが。

いまさら、文豪の体験談を読まなくても、
幽霊がいることは確かです。

体験のない人とか、
霊感ゼロの人には、「何を馬鹿な」ということですが、
でも、確かに幽霊はいます。

だから、私からすれば、
いまさら幽霊がいるかいないかなどという話をしても意味ない!
ということです。

もちろん、
幽霊が見えるという自称霊感ありの人の話には、
眉唾物がおおいですけどね。

だから、
そういうものを
むやみに信じるのもどうかと思います。

信じすぎると
コナン・ドイルの妖精写真のような
馬鹿をみることになります。

幽霊がいるにしても、
実社会を生きていくうえにほとんど影響ないので、
無視していいと思います。

幽霊について使うエネルギーがあれば、
神仏に向けるほうが、
いいでしょう。

幽霊なんて、この世においてほとんどカスのような存在ですが、
神仏はそうではありません。

幽霊を探す暇があれば
神を探すことに振り向けるべきです。

ところで、
死んでから、あのような陰気くさい幽霊にはなりたくない!と思います。

一番同情するのが
トイレの花子さん!

ずっとトイレにいるなんて、ぞっとしますよね。
かわいそうに!



[ 2013/05/05 09:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「アスペ」がなくなる!

といっても、アスペルガーという病気がなくなるのではなくて、
分類において、呼称として使わなくなるということです。

アスペルガーって、迷惑な病気です。

先日も、アスペの人に、ひどく怒鳴られました。
たいしたことでもないのに、尋常でない剣幕でした。

アスペなんだからと納得したいところですが、
気分はよくありません。

本当に、アスペの人には近づきたくない!と思ってしまいます。

もちろん、アスペの人がすべて怒鳴り散らすわけではありません。
付き合いやすいアスペの人もいます。

が、こだわりがひどかったりするので、
こちらが我慢することが多いですけど。

ADHDと思われていた子どもも、大半はアスペということです。

ほとんど差がないと思ってましたが、やはりという感じです。

で、アスペって最近増えていませんか?

少し前まで、そんなにいなかったような気がしますが。

もしかしたら、昔からアスペの人はたくさんいたんだけど、
最近になって、みんな症状が重くなってきているのかもしれません。

そのほかに増えていると思うのは、
アレルギー体質。

食物アレルギーとか
花粉症とか、
どんどん増えているようなきがします。

昔からいたことはいましたが、増加していませんか?

近い将来、
全員がアスペ
全員が食物アレルギー
全員が花粉症
全員がぜんそく
という世の中になりそうな気がします。

近眼なんていうのも、どんどん増えていますよね。

もう、視力がまともな人のほうが少ないのではないでしょうか。


話はどんどんそれましたが、
言いたかったことは

アスペの人は、病気なんだからとか
生きていくのが苦しいだろうなとか
同情しながらも、

自分としては、できるだけ付き合いたくないということです。


最後に、
「アスペファミリー」なんて言葉があるようですが、
なるほど!





[ 2013/05/05 09:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。