イエス キリスト

大空からの予感

永劫回帰のような・・・

移住に適した国は?

移住に適した国はないかと
インターネットで色々探してみましたが、
そうそういいところはないようです。

日本人が一番安心して住めるのは、やはり日本。
よそ様の国へ行って暮らそうと思えば、
我慢しなければいけないことも多いわけです。

1週間なり1月なり滞在するにはよくても
ずっと何年も暮らすとなると
がまんできなくなるようです。

日本にいつでも帰国できる!という逃げ道が必要です。

だから、半々に暮らせるようにしておくのが一番いいかも。

あるいは、長期の旅行に行くというあり方がいいと思いました。

しかし、日本に家を残すとなると、税金払わないといけないし、
年金も払わないといけないし、保険料も払わないといけないし、
いろいろとお金がかかるわけです。

なかなか難しいです。



[ 2013/03/20 19:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

海外での生活

将来フィリピンに移住しようと思ってましたが、
ちょっと迷いが生じてきました。
というか、
フィリピンに魅力を感じなくなりました。

島国だし、
台風は多いし、
カトリックばっかりだし、
アメリカ文化が浸透しすぎているような気もするし。

アメリカ文化が嫌いなので、
アメリカっぽい?フィリピンはどうかと思うようになりました。

インドネシアのほうがいいかも?

あるいは、タイなんかも。

それとも、
仏教発祥の地インドに・・・。

移住するのはまだまだ先なので夢が広がります。



[ 2013/03/19 23:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

真言陀羅尼を唱えるけれど

真言陀羅尼を唱えるけれど、それですべてが解決すると考えるのはバカらしいと思っています。
また、
どの真言陀羅尼が功徳があるかなんていうのもバカらしいと思っています。

どれ唱えたっておんなじでしょ!
と思います。

だいたい真言陀羅尼って意味分からないんだし。

でも、
簡単な真言なら意味知ってますよね。

ところで、
釈尊は、真言陀羅尼のような呪文は禁止されたいたといいます。

そういうご利益を願うような呪文は仏教の本道からはずれていますからね。

だから、真言宗なんて仏教じゃない!といってもいいわけです。
もちろん、仏教とは何か!という議論はしなくてはいけませんが。

真言宗って、仏教のお面をつけたバラモン教でしょうね。

そもそも釈尊は、仏の道は凡夫には理解できない!と思われたわけで、
われわれが、釈尊の真意を分からず、
真言陀羅尼のご利益に流れてしまうのはしかたないことかもしれません。

はじめから、釈尊は期待しておられなかったのですから。

まあ、何もしないより、
真言陀羅尼を唱えて仏に祈るほうがすぐれてはいます。

精神統一にはいいと思います。

たとえば、私は、大悲心陀羅尼を暗記していますが、
これを一回唱える間は、心を真言に集中しています。
だから、
これを日に何回も唱えれば、精神の集中力が高まると思うのです。

あるいは、お題目を何回も繰り返して唱えれば、
是もまた精神の統一をすることになると思います。

白隠さんが
ご利益を餌に
延命十句観音経を唱えることを勧めていますが、
ご利益があるなんていうのは、白隠さんの方便の作り話で、
真意は
十句経を何度も唱えさせて、
三昧の境地に導きいれようということだと思います。

あのご利益は全部白隠さんの作り話です。
白隠さんってほら吹きですからね。



[ 2013/03/18 23:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

路地裏のあやかしたち―綾櫛横丁加納表具店 (メディアワークス文庫)

なんとか大賞をとった作品だそうです。
辛口のコメントが多かったので、どんな作品なのか興味をもって購入しました。

路地裏のあやかしたち―綾櫛横丁加納表具店 (メディアワークス文庫)路地裏のあやかしたち―綾櫛横丁加納表具店 (メディアワークス文庫)
(2013/02/23)
行田 尚希

商品詳細を見る


読んでみて、
そう悪くないじゃん!
ということ。

出てくるキャラがちょっと多いかとも思ったけど、
それぞれが、話の主人公になっていくのだから、必要だったわけですね。

絵の中のお化け?っていうのは、ありと思うけど、
我が家には絵がないので、縁遠いお話でした。

昔は我が家にも絵があって、子どもの頃その絵を眺めては、いろいろ想像したので、
子どもの教育のためには絵があるのはいいことだと思います。

ところで、みんな妖怪なんだから、
幽霊を怖がるわけないですね。

我が家にも幽霊らしき気配がありましたが、
今はぜんぜんです。
どっかに行ったのでしょう。





[ 2013/03/17 21:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

イエスとその時代 (岩波新書)

クリスチャンは、まず、この本を読むべきです。
ちょっと難しいけど。
聖書片手に、該当箇所を確認しながら読むといいです。

イエスとその時代 (岩波新書)イエスとその時代 (岩波新書)
(1974/10/21)
荒井 献

商品詳細を見る


この本を読んでおくと、
どこかの怪しい宗教に引っ掛かることがなくなります。

信仰が試される人もいるかも。

が、この真実は一応知っておくべきですね。

もちろん、結論がでず、推測だけの部分もあると思いますけど。

大概は、その通りだと思います。

昔の本で、
私の場合、高校生の頃読んだと思います。





[ 2013/03/17 12:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

キリスト教は謎があって面白い

イエスキリストは、本当に処女から生まれたのか?
とか、
本当に復活したのか?
とか
結婚していたのか?
とか
本当に神の子なのか?
とか

いろいろ謎があって面白いです。

映画のテーマにもしやすいですしね。

仏教じゃこういうことありません。
イスラム教でもありません。

やはり、
神の子といわれるイエスと言う人間が実在したからこそ、
こういう謎も生まれるわけです。

新しい福音書が発見されるしね。

おもしろいので、
いろいろ本を買って読むから、
いつのまにかキリスト教関係の本が増えてしまいました。

謎に関する私の考え。

イエスは、病気を治したりする特殊能力のある人間だった。
が、処女から生まれたのではなく、普通に生まれた。
たぶん、結婚していた。
本当の妻は、ナザレで子どもを育てながらひっそりと暮らしていた。
マグダラのマリアは、愛人?

イエスは復活した、あるいは、十字架にかからなかった、のどちらか。
復活といっても、いろいろな場合が考えられるけど。
復活したという後イエスは姿を消しているという事実が、重要。

ユダの福音書とか
マグダラのマリアの福音書とか
いいですね。

原典 ユダの福音書原典 ユダの福音書
(2006/06/02)
ロドルフ・カッセル、 他

商品詳細を見る


マグダラのマリアによる福音書  イエスと最高の女性使徒マグダラのマリアによる福音書 イエスと最高の女性使徒
(2006/12/16)
カレン・L・キング

商品詳細を見る



[ 2013/03/17 11:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

男の一人旅増加!

男の一人旅が増加してるということですが、
私の場合、
家族で旅行したことがありません。

旅行は一人でいくにかぎります。

お金もかかりませんし。

私は、観光地を回るという気持ちがぜんぜんありません。

どこかにいって、のんびり滞在するというのが私のスタイルです。

カメラも持っていきません。

私の旅行写真って、ありません。

写真をとりに旅行するわけじゃないですから。

荷物もバック一つで、
スーツケースなんて持ちません。

安い宿に1週間ぐらい滞在。

その国の人間になったようなつもりで、街をぶらぶら。

お金と時間がないので、そうそうはいけませんが。

なお、私の旅行には色気ありません。
食い気だけです。

といっても、高級レストランには入りません。

普通の庶民が利用している食堂に行きます。

その程度。

あと本屋にいったり、レコードショップにいったり、
安いDVD買ったりします。

安いホテルって、
インターネットで予約できるから便利ですよね。

予約していると、
そこにいって、わざわざ探す必要がないですからね。



[ 2013/03/17 11:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

写経はあるけど、写聖書はない。

写経がいいのは、漢字だからです。
漢字ってわりと書きやすいですからね。

平仮名が交じると書きにくい。
平仮名って美しく書くのが結構難しいです。

だから、写経はあるけど、写聖書はありません。

ぜんぜんないわけじゃないですけど。

昔、「聖書を書きましょう」というのを観たことがあります。

が、続きませんね。

平仮名が交じってしまうと、非常に書きにくい。

なら、中国の聖書を持ってきて、それを写すといいかもしれません。

でも、中国の聖書って、やっぱ変です。

わたし、中国語の聖書持ってますけど、
漢字で書かれていますが、ぜんぜん分かりません。

とくに人物の名前。

やはり、日本語で、それも文語訳の聖書で
写聖書するしかありません。

が、
クリスチャンって、
仏教徒ほど、写聖書の必要性を感じないでしょうね。

仏教の場合、
お経を移すことで功徳を積むことになりますけど、
キリスト教には、そんな思想ありませんからね。


先日
100円ショップで写経セットを買いました。

あと、筆と硯と墨も。



[ 2013/03/17 11:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

聖書と仏典

法華経にしろ、無量寿経にしろ、
これらの経典を本当に釈迦佛が説いたと思う人っていないでしょうね。

どうみても、誰かの空想の産物でしかありません。

いいこと書いてあるけどね。

聖書も、ほとんどがウソなんだけど、
でも、仏典に比べれば
本当のことが書いてある割合が多いし、
見た目、本当のことが書かれているみたいですしね。

だから、ありがたみがずいぶんと違います。

聖書原理主義者は、聖書が全て聖霊によるもので、
間違いなんて一つもない!と考えています。

怖いですよね。

ところで、キリスト教って、あとどのくらいもつんでしょうね。

今2000年経過しましたよね。

もう1000年くらいはもつんでしょうか。

仏教の場合、日本では、もう数百年で、消滅しそうな気がしますが。

どっちにしても
私が生きている間は、現状維持ですね。





[ 2013/03/17 11:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

日蓮さんも分かっていた!

「金はやけば弥色まさり剣はとげば弥利くなる、法華経の功徳はほむれば弥功徳まさる、二十八品は正き事はわずかなり、讃むる言こそ多く候へと思食すべし」

「妙密上人御消息」の一番最後に出てくる言葉です。

つまり、
「法華経には、正しいことはほんの少ししか書かれておらず
あとは、お経をほめることばかり書かれている」
ということです。

法華経を読んでみて、
どこが法華経なの?
どこが教えなの?
と思ってしまいますが、

そのことを日蓮さんもちゃんと認識されていたわけです。

まあ、当然ですよね。

日蓮さんなら、暗記するほど法華経を何回も読んでおられるはずですからね。

で、法華経全体を眺めて、
そこには、
生命力があふれている!
と感じたわけです。

たしかに、生き生きした感じはうけます。

ただし、バカに長いたとえ話は途中で飽きてしまいますが。

なお、
お題目
「南無妙法蓮華経」というのは、
呪文としての語感がすぐれています。

これを見出した日蓮さんは、
ある意味
語感に優れた人であったと思います。

「南無般若心経」
とか
「南無華厳経」
では、
ぜんぜんダメです。

やはり
「南無妙法蓮華経」
です。

で、
「妙法蓮華経」という訳がよかった。
「正法蓮華経」ではダメでした。

それも、
日本語読みで
「妙法蓮華経」です。
中国語読みではダメです。

つまり、
「南無妙法蓮華経」
は、日本でしか生まれなかった呪文なわけです。

日蓮さんの大発見です。

幽霊なんかが出てきたときには、
「南無妙法蓮華経」
の呪文がいいと思います。

お題目を唱えると
幽霊も諦めて退散します。


[ 2013/03/16 08:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

性格の悪い人間!

性格の悪い人間がいます。

この人間は、一日中機嫌が悪く、
人のあらさがしばかりして、
人の悪口ばかりいってます。

どうでもいいと思うようなことに腹を立て、
イライラしています。

人間のクズです。

どうしてこのような人間が生まれるのか
研究してみると良いと思います。

こういう人間の顔には、
影があります。

まさしくマンガで描かれるような
斜線が顔にいっぱい入っています。


この斜線のおかげて
一目見たら
この類の人間というのが分かります。

いま、職場に
この類の人間が二人、
仕事とは関係ないけど、付き合いのあるのに一人います。

朝から話していると気分が悪くなるので、
口を利かないようにしています。

こいつら、
一生
人の悪口をいって、
「腹が立つ!」と罵って
生きていくのでしょうね。

こういう人間と付き合うと
人生が暗くなりますので、
できるだけ
排除する必要があります。

ただし、
職場ではそうもいかないので、
難しい・・・。

そっと避けるしかありません。



[ 2013/03/16 08:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

中国研修生による殺傷事件について

人を殺してはおしまいですが、
しかし、
上司は選べないという悲しい現実も考えなくてはなりません。

使用人に怒鳴り散らす、社長というのを耳にすることがあります。
常識を超えた怒鳴り方です。

いかに社長とはいえ、そういう叱り方はないだろうというわけです。

この事件の場合も
言葉の通じない国に来て頑張っている人間に、
もう少しやさしくしてやれなかったのか。
と思います。

この社長が、どなりつけたりしないで、
やさしく指導すれば、このような悲劇は起きなかったはずです。

ここには、言葉による暴力があったのです。

体罰で自殺した学生もいました。

この研修生もどうしようもない精神状態に追い込まれてしまったのです。

思いだすのは忠臣蔵!

吉良上野介に斬りつけた浅野内匠頭の心情です。

人間、堪忍袋の緒が切れるということがあります。

とにかく、
部下に怒鳴り散らす上司!
使用人を叱りまくる社長!
こういうものが、
存在するということを知らねばなりません。

日本人なら、さっさとやめてしまったんでしょうけど、
言葉の通じない研修生では、それができなかったんでしょうね。

人を殺したということは、許せない行為ではありますが、
そうせざるを得ない心情を
私は理解できます。

どうような構造で
親殺しというのも頻発しています。

この場合も
殺された親には同情しません。
親を殺すしかなかった子どものほうに同情します。

親も選べないからねえ。



[ 2013/03/16 08:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

ビブリオ3を読んだので、4も買いました。
ついでだから、全部読もうと思いまして。

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
(2013/02/22)
三上 延

商品詳細を見る


軽い本なので、(三上さん、ごめんなさい)すぐに読めます。
嫌な気持ちになるところがないので、読んでハッピーになれます。

いい本です。

読書好きには、たまりません。

テレビで放送してるみたいですが、
本を読まない人間が、テレビで観て共感できるかどうか、ちょっと疑問です。

まあ、私の場合、読書好きですが、
宮沢賢治の初版本で、賢治の書き込みがある本!なんて、
とくに興味ありませんけどね。

そういう本を集めるコレクターじゃないし、本を売ってお金儲けしようなんて気持ちもありませんから。

宮沢賢治は好きなので、賢治の推敲が全部のってる、ど~んと高価な全集を持ってます。



[ 2013/03/12 20:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

紙隠しにあっていた「ビブリア3」が出てきました。
どういうわけか、「ビブリア1」と間違われて、本棚にしまいこまれていました。

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
(2012/06/21)
三上 延

商品詳細を見る


「ビブリア3」が出てきたので、
「真夜中のパン屋さん」は、後回しにしました。

この本もおもしろいので、
「ビブリア3」の次に読もうと思っています。

ビブリアを読んでいて気になるのが
栞子さんの巨乳です。
この本の唯一の色気です。

筆者は、たぶん巨乳フェチ!


[ 2013/03/10 18:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

葬儀に参加して

知り合いのオヤジさんがなくなったので
葬儀に参加してきました。

曹洞宗の葬儀でした。

お経だけ上げればいいのに、
途中で歌まで歌ってました。

1時間と言う時間を消費しなければいけないので、
いろいろ工夫しているんでしょうが、
昔は、あんなことしなかったよなあ、なんて
思いながら聴いていました。

で、つくづく思ったのは、
あんな葬儀なんて嫌だ!ということです。

最後の最後に、あんな・・・・。

一番思うのは、寺の坊主に来てほしくないということです。

ついでに、
葬儀は不要です。

釈尊も、「葬儀なんて!」とおっしゃられていましたしね。

葬儀をしないで済ますためには、死ぬ前に遺言を書いておく必要があるかも。







[ 2013/03/10 18:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)