イエス キリスト

大空からの予感

永劫回帰のような・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

首楞厳経

首楞厳経を手に入れた話は
以前簡単に書いておきましたが

当然ながら?
大法輪閣の
「国訳大蔵経」
の経典部第7巻です。

これでしか、
首楞厳経は手に入りません。

第7巻には、
楞伽経
円覚経
も含まれています。

どれも偽経といわれるものです。

その他に
長水沙門子璿撰の『首楞厳義疏注経』
も手に入れました。

これで完璧です。

後は、どんどん読むだけですが、
なかなか
難しい!!!!




スポンサーサイト
[ 2012/04/24 20:15 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)

再び「三経合本」

楞厳経が入っていると思って、
「三経合本」を購入した話は前に書きましたが、

内容は、

金剛般若経
楞厳経
観音経

です。

で、楞厳経は、
お経全部でなくて
(全部入ってるなんて変だなとは思ってたんですが)
楞厳呪だけでした。

で、がっかりしたわけですが、

内容を詳しく書くと

金剛般若経
楞厳呪
大悲心陀羅尼
消災妙吉祥陀羅尼
摩訶般若波羅蜜多心経
観音経

以上です。

大悲心陀羅尼
消災妙吉祥陀羅尼
摩訶般若波羅蜜多心経
は、
おまけということでしょうか。

ところで
「消災妙吉祥陀羅尼」
の読み仮名は
まちがっているような気がするんですが、
どうでしょう。
「ちしゅさーちしゅさー ちしゅりーちしゅりー」
のところが
漢字と合ってないと思います。

正しくは、
「ちしゅさーちしゅさー しゅちりーしゅちりー」
じゃないですか。

「ちしったちしった、しっちりしっちり」
と読むのもあるようですけど。

なお、前にも書きましたが、

「三経合本」というのは、
三つのお経を合わせているというだけの話で、
別の「三経合本」もあるわけです。

たとえば、次の

三経合本


これは、不動明王のお経の

三経合本

です。



[ 2012/04/24 20:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

まじめに真言でも唱えて

最近、
まじめに真言なんぞ唱えてます。

真言も数が多いので、
どれがいいか迷うこともあると思いますけど、
唱えることに意義があるだけで、
どの真言でも同じだと思います。

陀羅尼でもOK。

そういうことで言えば、
お題目でもいいわけです。

どれでもいいけど、
心を入れて唱えればご利益があるでしょう。




[ 2012/04/19 21:33 ] 未分類 | TB(1) | CM(0)

サクラが終わった

サクラなんてほとんど興味がなかったんですが、
今年は、しっかりとサクラをみました。

本当に、サクラは美しい。

が、どういうつもりであんなに花を咲かすのか?
って、疑問を持ちました。

今月今日、わたしに見せるために咲いているのではないか?
と思ったりもします。






[ 2012/04/14 12:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

舎利礼文

新しい仏教ということでもないが、
このけたたましい「舎利礼文」を見ていただきたい。



舎利礼文は、短いながらも仏教の要点をきっちり述べています。

唱えるだけでなく、内容を理解し、沿って修行すべきだと思います。

それにしても、若い人はすごいものだと思います。







[ 2012/04/07 08:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

オン・マニ・ペメ・フム

最近、チベット仏教が注目されているので、
こういう動画が大量にアップされています。



たしかに、日本の仏教とは違う新鮮さがあります。

はっきりいって、私の中では、日本の仏教は終わっています。

お葬式で、いかに大声あげてお経を唱えても、
ぜんぜん感心できません。

まじめに修行しなくなった段階で日本の仏教は終わったんです。







[ 2012/04/07 08:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

タイ南部でテロ

無関係の人間を殺すテロは許せませんが、
テロしか方法がないと思っているのも理解できます。

たとえば、
フィリピンの極貧の農民たち。

彼らは、絶対に極貧状態から抜け出すことはできません。

なぜなら大地主や海外の巨大資本が抑え込んでいるからです。

教育も受けられない状態。
日本の昔の水飲み百姓のような状態。

政治で何とかなるか?

無理ですね。

政治家は全て金持ち出身。
自分たちの利権を手放すはずがありません。

カトリックは?

カトリックも金持ちの援助の上にあるのですから、無力です。

結局自分たちの状況を変えようと思えば、
力に訴えるしかありません。

普通に運動を起こせば、
大地主の私兵に始末されます。

テロや許せないけど、
じゃ、どうすればいいの?
っていうことなんです。


大地主や巨大資本をつぶさない限り、
彼らの未来はないわけですからね。



[ 2012/04/01 07:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

イエス研究史―古代から現代まで

この本、ずいぶんと前に買ったんですが、
読まずにおいてたのを、
今引っ張り出して読んでます。

イエス研究史―古代から現代までイエス研究史―古代から現代まで
(1998/08)
不明

商品詳細を見る


なかなか面白い。

ところで、
私がちゃんと読んだ、イエス研究と言えば
シュバイツァーのものくらい。
結構感動して読みましたね。

あとは、解説書ばかりだから。




[ 2012/04/01 06:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。