イエス キリスト

大空からの予感

永劫回帰のような・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トラックバックテーマ 第1307回「あなたは海外に友達はいますか?」

トラックバックテーマ 第1307回「あなたは海外に友達はいますか?」



いません!

ちなみに、
国内にもいません。

孤独な人間なんです。(涙)

スポンサーサイト
[ 2011/10/30 09:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

失敗する人の法則

この本は、面白いです。

失敗する人の法則失敗する人の法則
(2008/01/26)
樽井 良和

商品詳細を見る


どんな人が、失敗するのか。

目次をあげてみると、

目標と計画
・目標も計画も無い人
・潜在的に望んでないことを目標に設定する人
・目標・夢がコロコロ変わって、右往左往する人
・「目標>才能」OR「目標<才能」な人
・苦労、努力、頑張ること自体が目標になっている人
・夢を実現するために遠回りする人
仕事
・自分の不得手なこと、嫌いなことを稼業にする人
・小さな仕事や問題を大きくする人
経営
・自分よりバカしか雇わない人
・ひとりで全部やって、任せることができない人
・やたら有名になりたがる人
・世間の先を走りすぎる人
・酒の席でしか打ち合わせをしない人
・アイディア・情報・プランは無料だと思っている人
・時代錯誤を精神論でカバーする人
・効率のみの人
・わざわざ儲かっていることを吹聴する人
学習・トレーニング
・勉強だけして働かない人
・「生涯自分探し」な人
・苦手分野を克服しようとする人
人づきあい
・嫌なヤツとつきあう人
・虚栄心を満たすために人づきあいする人
・低レベルの集団に身をおく人
・不義理な人
言語・会話
・口が悪い人
・言葉・態度が人によって違う人
・思ってもないことを言う人
・不平不満、誹謗中傷ばっかりの人
ふるまい・態度・性格
・「何も信じない人」OR「なんでも信じる人」
・意気込みが過剰な人
・絶望する人
・ドグマに浸っている人
・嫉妬して妨害する人
・不摂生を自慢する人
・謙虚に引っ込みすぎる人
・いい人すぎる人。無理して楽天的な人。
・みすぼらしい人
・アンチメジャーな人
健康
・健康バカな人
・生活のリズムがずれている人

・感謝しない人
・誰も愛さない人

おーっ、かなり当てはまる!
(特に赤くしたところ)
だから、オレって成功しないんだ・・・と
納得しました。

自分の悪いところを少しずつ直していけばいいんだけども、
それって、

・苦手分野を克服しようとする人

と同じになってしまうのでは?

自分の弱点を逆手に取る!
という工夫が必要な気がします。

とにかく、
気まぐれなもんで、

(・目標・夢がコロコロ変わって、右往左往する人)

あれこれ適当にやってるんですけど、
一つを追求することがなかったなあと反省してます。






[ 2011/10/30 06:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

no longer two, but one flesh

MARK 10
6 But from the beginning of creation, “God made them male and female.” 7 “For this reason a man shall leave his father and mother and be joined to his wife, 8 and the two shall become one flesh.” So they are no longer two, but one flesh.


これが、非常に大切な教えのように思います。

とにかく、親から離れなければダメです。

が、これが難しい。
日本人の多くは、親から離れることができないのでダメです。


そして、相手を見つけて一体となる、これの状態が最も望ましいのですが、
まずもって、親から離れられないので、
相手を見つけることができない。

見つけたと思っても、相手もまた不十分な人間なので、
別れてしまう


とにかく、親から離れて、
男女が一体になるのは、至難の業です。


相手を見つけることができなくても、
やはり、親からは離れるべきでしょう。

精神的に完全に乳離れして、
自立した一個の人間になることが大切です。


(親も子離れして、自分の人生を歩むべき)


もし、親から完全に離れ、

そして、相手を見つけて

一体となることができたら、

もうそれだけで、天国に入る資格があると思います。



[ 2011/10/28 21:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「TPPは農業問題じゃないヨ!」について

緑の字は引用させてもらったものです。

TPPは農業問題じゃないヨ!

放射能のように、日本人すべての上に降りかかってくる大問題!

原発よりも危険かも!!

だって、日本がTPPに加盟したら…

 〇国民皆保険制度がなくなってしまうかも。盲腸の手術だけで500万円、それが
払えない貧乏人は死ぬような社会がやって来る!?

 ※考えすぎでは。盲腸の手術に500万円払える金持って、ほとんどいません。
  しかし、日頃から体を鍛え、自己免疫力を高め、病院に行かなくても済むようにすることが大切です。
  
〇日本の食料自給率は39%から13%に下がる。近いうちに必ず世界的な食料危機
が起こるから、突然食料輸入が途絶えて餓死者が出るようなことになるかも。

 ※これは、自己防衛しとかなければいけません。つまり、備蓄です。
  あるいは、家族の食べ物ぐらいは得られるような、菜園の確保。
  すでに備蓄を始めている人がいます。

〇遺伝子組換え食品が蔓延し、そうでない食品を選ぶ自由すら奪われちゃう。
 ※組合を作って、農家と直接取引を行い、無農薬で安全な野菜などを確保するようにします。
  これもすでに行っている人が多いネ。

〇牛肉の月齢制限や添加物など食の安全基準が緩くなって、健康への悪影響が心配。
 ※これも上と同じ。信用できるところのものを購入するようにします。

〇低賃金労働者が外国から入ってくるから、日本人の給料はますます下がる。職を
奪われて失業も増えるよ。そのうち外国まで出稼ぎに行かなきゃならなくなるかも。

 ※これは、そうは思いません。中国製などの安い製品を日本で売りさばいているものがいますが、
  これこそが、日本の産業を破壊し、日本人の給料をさげているのです!
  中国製の安い製品を買って喜んでいる人、喜んでいる場合じゃないですよ。
  
〇デフレがますます加速するよ。今まで日本国内で回っていたお金がどんどん海外
へ流出しちゃうよ。景気はますます悪くなり、日本はどんどん貧しくなるよ。

 ※これも、そうは思いません。お金がなくなったら、日銀でどんどん刷ったらいい。

〇そして何よりも問題なこと……国民を守るために、国民の代表が決めた法律や制
度が、アメリカ企業の都合によって、いくらでも変更してしまえるようになる。
国民の主権が奪われちゃうよ。民主主義の崩壊だよ。

 ※これも、そうは思いません。それよりも、民主党がすでにアメリカにすりよってると思うけど。
  いやいや自民もそうでした。

とにかく、賢く自己防衛する人が、最終的に生き残ると思います。
すでに、国全体で考えることが難しくなってきているのでは?と思います。

海外に移住した人たちのような気持ちになって、
自分たちの生活を守りましょう。


異常な円高、それに対して無策の民主、大幅な増税、年金は68歳から、企業の日本脱出、
もうすぐ、日本はつぶれます。
だから、大切なのは自己防衛。






[ 2011/10/25 23:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

トラックバックテーマ 第1304回「紅茶を飲むならミルク?レモン?ストレート?」

紅茶ばかり飲んで、コーヒーをぜんぜん飲まない私です。

以前は、コーヒーを日に5~10杯飲んでいましたが、
ある日紅茶にはまって、
それ以来紅茶!

日に5杯程度は飲んでますが、
とうぜん、ストレート。

5杯も飲むのに、いちいちレモンなんか入れられません。

ミルクはねえ。
せっかくの紅茶の香りがなくなるような気がして・・・。


はっきり言って、
ミルクやレモンの入った紅茶は嫌いです。


砂糖は?

ノンカロリーの甘味料があればそれを。
無ければ入れないで飲みます。





[ 2011/10/25 22:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

SOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器 RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付き

自分で、放射線量を測定することは、大切な自己防衛だと思います。
自分の家の周りも測定すべき。

ロシアでは、買い物をする際、自分で野菜などの放射線量を測るそうです。
(ロシアの人から聞きました)

日本でもその必要有ると思います。

思わぬところで高い放射線量が観測されているので、
福島から離れていても、危険性はあります。

SOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器 RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付きSOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器 RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付き
()
SOEKS-01M

商品詳細を見る


安くて性能のいいものを選びましょう。

ロシア製は、なかなかのものと思います。
ロシア国民がずっと前から使って性能実証済みですからね。



そのうち東京都は住めなくなるのでは? なんて、悲観的なことも考えてしまいます。

(東電のばかやろう!)




[ 2011/10/25 06:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今朝の空

今朝見上げた空。

雲がたくさんありますが、
天使の雲はあるでしょうか。

DSCF0818.jpg
DSCF0820.jpg
DSCF0821.jpg
DSCF0822.jpg





[ 2011/10/24 21:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

シャイニング(スティーブン・キング)

シャイニングは映画がよかった!
ホラー映画なんだけど、それだけではないものを感じました。

で、小説を読みましょうということになります。

シャイニング〈上〉 (文春文庫)シャイニング〈上〉 (文春文庫)
(2008/08/05)
スティーヴン キング

商品詳細を見る


シャイニング〈下〉 (文春文庫)シャイニング〈下〉 (文春文庫)
(2008/08/05)
スティーヴン キング

商品詳細を見る


スティーブン・キングは、
この映画が気に入らなかったようです。
小説とはずいぶんと違うものになったとか。

ですから、どこがどう違うのか、ぜひ小説を読まなくてはいけません。

で、正直にいえば、以前にシャイニングは読んだことがありまして、
そのときは、つまらない!と思ったわけです。
あまり内容も覚えていません。

で、映画があまりよかったので、もう一度読むことにしました。

が、上下2冊で、結構高い!

そこで、
いろいろ探して、
安いと思って買ったのがこれ。

The ShiningThe Shining
(2001/08/28)
Stephen King

商品詳細を見る


安かったのは安かったのですが、

本が届いてから気がついたのは、

わたしには、こんな長編を読みとおすような英語力が無い!

ということでした。




[ 2011/10/24 19:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

星を継ぐもの (創元SF文庫)

まだの方は、ぜひ読んでいただきたい。
とくに宗教家。

星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05/23)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る


しかし、
頭の固い人、想像力の欠如している方には向きません。
最後まで読めないでしょう。
(宗教家には、そういう人が多いですよね)

こういう本を読むと、
架空の話ではありますが、
心の中に巨大な世界が出来上がります。

で、
こういう話を読んだ人と、
読んだことのない人では、
ずいぶんと物事の見方が違ってくると思います。






[ 2011/10/24 19:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

極楽浄土へ行きたい!

とうとう頭がおかしくなった?

いえいえそんなことはありません。

ごく普通の私です。


朝、空を見上げていて、
そう思ったわけです。

十万億土のかなたの世界に行きたいなあと思ったわけです。

早い話が、
外国に行きたい! というのに似てます。

ところで、
極楽浄土は死なないと行けないことになっていますので、
もうしばらく待たねばなりません。

「去此不遠(こしふおん)」とは、
観経の言葉ですが、
やはり、極楽は遠い国であります。

そうでなくては面白くない。

禅宗なんかは、すぐに心の問題にすり替えてしまいますので、面白くない。

無相の念仏なんていうのは、クズのようなもの!


弥陀の浄土は十万億土の彼方にあってこそのものです。







[ 2011/10/24 19:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

イエスキリストが好き

わたしが、
聖書をたくさん持っていることや、
若いころ新約聖書を何度も読んでいたことは、
前に書きました。
(好きな四文字熟語が、「新約聖書」だったりして)

で、
イエスキリストが好きです。

でも
クリスチャンではありえません。

まず、
聖書がすべて神の言葉なんて思ってません。
どこかの名も知れない馬の骨が書いたものです。
素晴らしいことも書いてありますが、くだらないことのほうが多い書物だと思います。

三位一体も信じてません。
つまり、ユニテリアンですね。

それから、
パウロの教義を全然受け入れられません。
昔は、
いいこと書いてるなあと思って読んでましたが、

福音書を何度も読んでみて、
パウロって、イエスの教えをぜんぜん受け継いでいない!
と悟ったわけです。

パウロ自身が「律法と罪」という問題意識でガチガチになって、
とことん悩んでいたから、
まるで啓示のように
イエスの十字架に解決を見出したわけです。

で、
パウロのような問題意識を持たないものには、
無意味な教義です。

イエスは、律法にはおおらかでした。

イエスの生き生きとした姿を見てしまったら、
パウロの教義は、薄汚れた経帷子のようなものでしかありません。

さらに、
イエスは十字架上で死んでいないのではないかとも
思っています。
あるいは、十字架にかかっていない!

福音書を読んでそう思い始めたわけですが、
かなりの妄想なので人には言えません。
当然、ブログにも書けません。

まっ、そういうわけで、
クリスチャンではありえないのですが、

それでも、

イエスのことを考えると、
勇気や希望がわいてくるわけで、

今でも、ときどき福音書を読んでいます。
特に「マルコによる福音書」を。




[ 2011/10/23 20:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

寝ぼけていると幽霊が見える!

わたしは、霊感はありません。

霊感があるという人から話を聞いたことがありますが、
それは、出るわ出るわ、霊がうじゃうじゃいます。

で、わたしは霊感がないので、そんなの全く関係なし。

霊のほうも、私相手ではお手上げでしょう。

が、寝ぼけているとまぼろしが見えるということは体験しました。

たとえば、
あるとき、講演会に参加していて、
うつらうつらしていたんですが、
みんな座って聞いているのに、前のほうの席で立っている男がいて、
なんだこいつ!と思っていたら、すっと消えました。

寝ぼけていると、夢の続きでそんなの見ることもあるわけです。

で、
霊ではなくて、
正体不明の音を聞いたことはよくあります。

たとえば、この前書いた足音。

誰かがたしかに階段を下りたと思ったのに、だれもいなかったということ。
あるいは、その逆。

それから、
職場での話ですが、
もう薄暗くなっていたときに、部屋に誰かがいるような音がしていたので、
だれがいるんだろうと覗いてみたら、誰もいなかったこと。

あるいは、廊下を歩いていたら、
部屋の上の窓が突然ガタガタと音を立てたこと。
変だなあと思って立ち止まっていたら再び・・・。
どこからか風が吹き込んだわけでもなく、
ガタガタいうような窓でもなく、
なんだろう?って感じです。

あるいは、部屋のドアを外からだれかがガチャガチャさせたようなことがあって、
誰かいるのかと思って明けてみたら薄暗い廊下だけ。
この場合は、部屋の中でストーブを焚いていたから、
中と外の気圧の差ができて起きた現象だと思いますけどね。

ポルターガイストというのがいるそうですが、
そう言う類のものとも違いますよね。

ところで、
私は中古車にのってるんですが、

昨年、
たぶん居眠り運転してたんでしょう、変なものを見まして、

それが
今年もやはり、似たようなものを見まして、

で、
よく考えたら、同じ時期なので、
もしかして、
車になんか憑いていて、
毎年同じ時期に出てくるのでは?  などと妄想をたくましくしています。
(こういうのが楽しい)

で、
来年、同じ時期に同じようなものを見たら、
これは、間違いなし! となるわけです。

来年が待ち遠しい。(わくわく)

中古車を買うとこういう楽しみ方もあります。





なお、
昔いた妻が、(今でも妻ですが)
家の中で、見た!とか、
玄関にいたとか、
壁の中にすっと消えたとか、

あるいは、
どこかの高い木の真ん中あたりに、浮かんでたとか、
いろいろ話してましたが、

こいつは基本的に嘘つきで、
私を驚かせて楽しんでいたようなところがありますので、
ぜんぜん信用してません。

が、非常に臆病で、
いい年をして
夜一人でトイレにいけないヤツではありました。
私の死んだ親父が、仏壇のある部屋にいるとかなんとかいいまして。
(もしかして、ほんとうに・・・)


最近の
我が家での
最大の怪奇現象は、

寝ている間に、
掛け布団が、
前後が逆になっていたり、
裏返しになっていたりすることです。





[ 2011/10/23 19:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

輪廻転生について思うこと

輪廻転生について、
非常に狭く考えている人が多いですね。

つまり、身近の人ばかりで、生まれ変わっている。
お父さんは、兄で、お母さんは、娘だったとか。

しかし、輪廻転生の場合、また同じ国に生まれるなんてことは、あまりないと思います。
次は、インドかもしれないしアフリカかもしれないわけです。

もしかしたら、一億光年かなたの別の星に生まれるかも。

だから、この世で一緒に過ごした人と一度死に別れると、再び会うことはまず難しい。
たとえ同じ場所に生まれ変わっても、世代が同じだとは限りませんし。

また、
時間という概念は、物質界のものでありますので、
一度霊界に戻った後
もしかすると、過去に生まれ変わるということがあるかもしれません。

こうなってくると、
常識的な思考ではついていけなくなります。

まあ、この物質界でも、
量子力学なんかになりますと、常識では理解できません。
(ニュートリノが過去に向かって進んでいる可能性が出てきました)

物質から自由になった場合の
霊の世界はなおさらでしょう。

だから、
霊界へ行って来たなどという人の、
この世とほとんど変わらない霊界話は、
非常に初歩的なものだと思うわけです。

死んだ途端にすべてが分かるわけがありませんし。


なお、
自分の前世について、
自己分析してみると、

たぶん

1 中国にいた!
2 視覚障害者(盲人)であった!
3 生き分かれた妻がいた!

のではないかと思います。

この三つが同時であったのか、別々であったのか、
また、
前世のことか、
前々世のことかなどは
分かりませんけどネ。

ただの妄想の可能性も高い!!!!!

前世が、歴史的有名人であったなんていうのは、
全くありえないとはいえませんが、
ちょっとネ。
自分の願望が入っているんじゃないでしょうか。


なお、テーマを「キリスト教」にしたのは、
キリスト教でも輪廻の思想があるからです。
教会によって、抑圧されましたけど。




[ 2011/10/23 14:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

昨晩の雲

昨晩、車で帰宅途中、

暗い空に浮かぶ白い雲がひとつ。

他に雲がなくて、その雲だけ。

丸い形で、

おお、もしかしてUFO?

なんて・・・。


で、運転しながら、その雲を何度も見上げて、

ちょっと危険でした。


ところで、

最近、

カメラを用意して

根気よく空を見上げているんですが、

いかに想像力をたくましくしても

天使に見えるような雲は、ゼロ。


天使には縁がないようです。




[ 2011/10/22 07:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

シモーヌ・ヴェイユ~その2~

「シモーヌ・ヴェイユ」という名前から思いつくイメージは、この人。



もちこん、この人は、シモーヌ・ヴェイユではありません。

本当のシモーヌ・ヴェイユは、こちら。

WeilSimone.jpg
30.jpg

若いころは、かなりの美人です。




[ 2011/10/22 07:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。